大腸がんの年々高まる発症率|原因は欧米化した食生活にアリ

腹痛

女性に多い胸のがん

原因と注意点

腹痛

現代社会ではがんは命にもかかわる怖い病気として認識されていますが、その中でも女性特有の婦人系のがんも多く、乳がんもそんな恐れられるがんの一種です。その原因としてはいろいろなことがリスク要因だとされており、たとえば出産経験がないなどといった生理的な要因や生活習慣、遺伝なども関係しています。またエストロゲンレベルが高いことがリスクといわれており、高める原因となりやすいのが未婚による高齢出産や欧米風の食生活などです。もっとも治療法に関してはどんどん進化を続けていますし、早期発見なら助かる可能性も高いのが乳がんです。しかし治療法がどんなに進化しても、患者数が増加しているために死亡者数も結果的に増加傾向になってしまっているのが現状です。そのために遺伝などや生理的な要因の改善は難しいですが、食生活や生活習慣に関しては改善可能なので、まずはそういったものを見直してみると良いでしょう。

進化を続ける治療法

患者数の増加に伴って認知度も高まっている乳がん。そのために研究も重ねられて治療法も進化し続けています。とくに手術後のケアに関してはかなり進化しており、たとえ手術で乳房全摘出になったとしても、その後の再建術で見た目を元通りに戻すことも可能です。また治療薬に関してもその種類は増加しており、かつては手術後に使用することが一般的でしたが、最近では手術前に投薬を開始し、腫瘍の大きさに変化がでるかどうかを確認するようになっています。そのために投薬だけで腫瘍が消えてしまうケースなどもあるようです。また乳がんは再発する可能性もありますが、たとえ再発したとしても、使用できる薬の種類は増えています。そのためにこのままどんどん技術が進化し続ければ、今後は乳がんは決して怖い病気ではなくなる可能性もあるでしょう。しかし食生活やストレス、生活習慣といったリスク要因に関しては、やはりどんなに技術が進化したとしても、安心せずに改善を試みることをお勧めします。