大腸がんの年々高まる発症率|原因は欧米化した食生活にアリ

腹痛

意外な肺がんの事実

意外にも非喫煙者に多い

医者

肺がんの約60%を占めているのが、肺腺がんと呼ばれるがんです。肺腺がんは、肺の末梢部分、つまり気管支の細い部分に発症する事が多いがんです。中心部の太い気管支に発生するのは、稀なケースとなります。肺のがんと言えば、喫煙との因果関係が連想されますが、この癌は喫煙が直接的な原因にはならないという特徴があります。その理由は、肺腺がんの、肺がんにおける男女比率を見ると明らかです。男性が発症する肺がんのうち、肺腺がんは約40%を占めています。一方で、女性の肺がんのうち、肺腺がんは約70%を占めています。喫煙者は、男性に多いにも関わらずです。この事から、肺腺がんは、直接的な喫煙とは関係が無いと言うことができます。

具体的な症状

肺腺がんは、肺の末端部分に発生する特徴上、病気の初期の段階では、自覚症状が薄いという問題があります。そのため、初期の段階で見つかるのは、健康診断などで偶然発見されるケースがほとんどです。幸いにも、通常のX線検査で発見しやすいがんとなります。初期の段階で発見できれば幸いなのですが、多くの場合、病気の進行が進んでしまい、自覚症状が表れるようになってから発見されます。その場合の自覚症状は、例えば、空咳や痰、胸の痛みなどが挙げられます。酷いケースでは、血の混じった痰が出たり、胸水が溜まってしまうといった症状で表れます。さらに進行してしまうと、リンパ節への転移、もしくは遠隔転移を起こし、身体全体を蝕んでいきます。