大腸がんの年々高まる発症率|原因は欧米化した食生活にアリ

腹痛

がんの種類と症状

病院

卵巣がんとはどのようなものかというと、卵巣にできる悪性腫瘍のことを言います。実は卵巣には腫瘍ができてもたいていは良性のものが多いのです。腫瘍の約9割は良性の腫瘍です。しかしながら、残りの1割弱が悪性であり、この悪性の腫瘍が身体に大きな負担をかけます。卵巣がんにも種類があります。1つは上皮性腫瘍と分類されるものです。これが卵巣がんの約9割程度を占めます。卵巣がんというと、たいていの患者はこの上皮性腫瘍を持っています。もう1つは胚珠細胞腫瘍と呼ばれるものです。これは肺細胞という卵子になる前の状態の細胞にがんが発症するというものです。これは上皮性腫瘍の次に多いがんです。このように、卵巣がんといっても、種類があります。

卵巣がんの症状はいったいどのようなものがあるのでしょうか。実は卵巣がんには自覚症状がありません。そのため、早期発見が難しい病気であると言えます。しかしながら、卵巣がんが進行していくと症状が徐々に表れてきます。それは次のような症状です。つまり、お腹のあたりに硬いしこりのようなものを感じたり、尿意をすぐに催すことなどです。このような症状が表れ始めたら、卵巣がんの可能性があります。放置せずに一度病院に行って診断を受けることをお勧めします。なぜなら卵巣がんは放置しておくと、他のがんと同様に、転移するからです。卵巣の周辺臓器に転移していくとお腹全体が張った状態になります。こうした症状が出てきたら、すぐに婦人科に行って受診することです。