大腸がんの年々高まる発症率|原因は欧米化した食生活にアリ

腹痛

がんの種類と症状

病院

卵巣がんには2種類あります。つまり、上皮性腫瘍と胚珠細胞腫瘍です。前者が卵巣がんの約9割程度を占めています。卵巣がんには自覚症状がありませんが、進行していくと、お腹のあたりにしこりを感じたり尿意を催すペースが速くなります。症状が表れたらすぐに婦人科で受診することです。

意外な肺がんの事実

医者

肺がんの約60%を占めるのが、肺腺がんと呼ばれるがんです。喫煙者より非喫煙者に多く発症するという特徴があります。初期の段階では自覚症状はほとんど無く、病気の進行が進む前に発見することが難しいがんです。

女性に多い胸のがん

腹痛

婦人系の疾患の中でも乳がんは患者数も増加傾向にあり、知名度も高くて怖い病気です。そのために検診や治療法といったものに対しても研究や開発が積極的に実行されており、その技術は年々進化を続けているのが現状です。

死亡原因の第一位

こちらのサイトをチェックして、大腸がんに関する情報を収集しましょう。原因やよぼうほうほうが 紹介あsれています。

世田谷区で在宅医療を受ける家庭が増えています。高齢となる家族の健康を守る為に利用しませんか?病気完治を目指すこともできますよ。

食生活の変化

女性

我が国における死亡原因の第一位はがんになっていますが、その中でも大腸がんが胃がんに代わってがんの中では第一位なっています。日本人は古くから味噌や塩を使った塩辛い食べ物を食べていましたが、最近は食生活の欧米化によって肉類を摂るようになったのが大きな原因となっています。大腸がんは転移がし易いがんの一つですが、早期発見をすれば直ることが判っています。大腸がんの検査としては潜血の検査が一般的になっています。一定の年代に到達すると健康診断では潜血検査を受けることになります。潜血反応が陽性になると注腸検査を行うことになります。最近は大腸がんが多くなっているということで若い人も大腸の検査を受けるようになっています。

ファイバーでの検査が重要

潜血検査で陽性になってもがんである確率は必ずしも高いわけではありませんが、精密検査を受けることで安心を勝ち取ることができます。しかしながら潜血検査や注腸検査で完璧に大腸がんを発見できるわけではありません。大腸がんが心配の場合にはファイバースコープで直接調べる必要があります。ファイバースコープで検査をすれば大腸の中のポリープを発見することが出来ます。胃のポリープはがん化することは少ないのですが、大腸のポリープはがん化するケースが多いのでがん化する前に切除する必要があります。大腸のポリープはレーザーで簡単に切除できますが、あまり小さい場合には切除できませんので、定期的に検査を行い切除できる大きさになるまで待つことになります。ポリープを切除すれば安心することが出来ます。